みらいへつなぐ代理店へ

今月、「みらいへつなぐ代理店へ」というテーマでセミナー(Web)の講師を務めます。
ライフコートセミナー

昨年度2020年度において、ライフコートが保険種目の賠償責任保険・業務災害補償保険制度・団体制度の割引を活用した事業活動総合保険や動産総合保険などのいわゆる新種部門で、奈良・和歌山・滋賀・京都のJSA中核会の代理店の中で年間総合1位になれました。

この動きに声を掛けていただき、どうやって新種を?ということもあるかと思いますが、セミナー講師にと声を掛けてもらえました。

 

なぜ新種(企業分野)に特化したのか??

こんなところから、なぜそんな動きができているのかという根本をお伝えしようと思います。大袈裟かもしれませんが、「保険代理店の生き残りをかけて」といった危機感など、なぜ事業展開を変えようと思ったのか、などの根拠を話したいです。

これから凄まじいスピードで自分たちの取り巻く環境が変わってくると多くの保険代理店業界の私たちは感じていると思っています。

「自動車保険」のウェイトが高ければ高いほど、将来の代理店経営にとってのリスクにつながること、「新種分野の保険」を苦手とする保険代理店さんが多い、この点も比較的、理解できている部分だと思っています。

 

どのようにして多く販売できたのか??の土台部分を前半、私からお伝えいたします。

この部分については、テーマにもある「みらいへつなぐ代理店へ」というこれからの保険代理店としてどうすべきなのかということを、代替わりをした平成27年から毎日、毎日考え、なかなか答えも出ず、悩みに悩んだ結果、地域で核となるべくフラッグシップ代理店を立ち上げ組織を作ることが、次の世代へ向けて受け継いだ大切なお客さまをこれからも長くお守りできる術だと自分の中で落とし込むことができました。

(このフラッグシップ代理店構想については、立ち上げるまでに1年半の時間がかかったので、またお話できたらと思います)

 

そして、今年2月、新たに株式会社ライフコートとしてスタートいたしました。

株式会社 ライフコートの最新情報をお届けします

個人/事業者/法人さま向けの保険のご相談を承っております

保険のご相談をお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です